子どもの楽しみ

子どもの楽しみってやっぱり自宅でする、手持ちの花火ですよね。我が家でも先日手持ち花火デビューをしました。3歳の娘は初めてだったのですが、とっても興奮してました。

やっぱりいつ見てもキレイだし、楽しいです。でももらい物の花火で少ししか入ってなかったのと、かなり小さかったので花火自体も小さくてすぐに終わっちゃいました。

でも、これを一度体験してしまったから味をしめちゃって、スーパーとかで売っている花火をみては欲しい欲しいの連発。打ち上げ花火を見た日には興奮して眠れないんじゃないだろうか。

かわいいですよね。今年はまだ一度しか、打ち上げ花火を見ていないから、どこかに見に行きたいです。それまでは、地道に自宅でパチパチと花火を楽しみたいと思います。

そしてやっぱり線香花火ってきれいですね。何度見てもあの儚いひかり方が日本人の美の感性を彷彿させます。花火を発明した人って本当にすごいです。

この一瞬に見せる華やかさでみんなのこころも明るく華やかにしてくれるんですものね。今年もいっぱい花火を楽しみたいです。

デジカメ撮影

カメラで花火を撮影するのって難しいですよね~

雑誌なんかで上がってるのは本当にきれいなんですが自分で撮ろうと思うとこれまた大変

そこでちょこっとだけ花火をデジカメで撮影する方法を書こうと思います

最近のコンパクトデジカメでストシーンモードにするとその中に花火モードがあるのでそれを選択して撮影すれば簡単に撮影できます

でも気を付けてほしいのは必ず三脚を用いること

いくら手振れ補正機能がついているとはいえ長時間シャッターを開くのだから手振れなんてまったく意味がありません

一眼レフカメラをお使いの場合も最近のものでは花火モードなんてのを積んでいるのもありますがどうせなら自分でやってみるといいですね

まずモードをSに合わせてシャッタースピードを4~5秒に設定、ISO感度を100とか50とかとにかく低く設定します

ピントは∞にすればたいていあうんじゃないかな~

それで開くであろうポイントに向けておいてドンと打ちあがる音がしたらシャッターを押すといい感じで撮ることができます

あとはデジカメですから気に入らなかったら消せばいいだけですから何度もとってみることです

Image137

メンズファッションは基本的にはシンプルならOKです。

おしゃれな女の人はこんなこと言わないと思うのですが、私自身があまりファッションに敏感ではなく、デートの時にもそんなにおしゃれなスタイルにはなれないので、一緒に歩く彼にも、あまり無理におしゃれをしてほしくない、というのが素直な気持ちです。あまり流行に敏感にされると、反対にひいてしまうかもしれません。

基本的には、その季節に合った服装で、サイズが間違っていなければ、激安服だとしてもそれで十分です。

欲を言えば、シンプルスタイルの方が好きですが。寒い今だったら、タートルネックのニットセーターにチノパン、それにダウンジャケットを着て、みたいな感じです。アクセサリーもできればない方がいいです。

あと、この頃思うのは、L.L.Beanやmont bellなどのアウトドアショップのアウターはいいなと思います。全身揃えるのはもちろん変ですが、アウターだけ取り入れるのはいい感じです。機能的にもあたたかさが優れているとよく聞くので。

それからこれは服装ということかわかりませんが、きれいで素敵なハンカチを使っている男性は、好感度大です。特にブランド物でなくても、新しいハンカチは、やっぱり今の雰囲気が感じられますし、センスのいい人だなと感じることがあります。