江戸の庶民の花火

11
打ち上げ花火が盛んになったのは江戸の中ごろのこと。

そして、東京・両国の花火が始まったのは、享保18(1733)年5月。

花火が打ち上げられるにあたってはある理由があった。

その前年にいわゆる「享保の大飢饉」が発生。追い打ちをかけるように江戸では疫病が流行、多くの死者を出した。

この事態に8代将軍吉宗が隅田川の川開きに合わせ、死者の弔いと悪霊退散を願って水神祭と施餓鬼を行った。
このとき打ち上げたのがそもそもの始まり。

5月末から8月まで毎晩のように打ち上げられた花火は、やがて夏の夜空を彩る風物詩となっていく。

時代小説「眠狂四郎異端状」で柴田錬三郎は当時の賑わいを「両国橋をめざして漕ぎ寄せられる納涼船は、7つにはもう大川を埋めつくして、三味線や笛太鼓の音を鳴らしていた。・・・鍵屋・玉屋が打ち上げる花火は、12提灯という仕掛け花火で終わるのであったが、それは5更であった。」と描写している。

今の時間で午後4時から翌朝の4時まで、賑わいの程度は相当なものだったろう。

花火の始まりは、徳川将軍家

日本で初めて花火を鑑賞したのは、徳川家康だそうだ。

イギリスからの使節が駿府城で披露したという記録が残されている。

今のような打ち上げ花火ではなく、筒から火花が吹き出すタイプのもの。

当時の原料は硝石、硫黄、木炭。炭が燃えるような地味な色だったと推測される。

当時の姿を留めるという愛知県豊川市の「手筒花火」。

1メートルほどの竹筒に火薬を詰めて着火、それを人が抱きかかえながらおこなうもの。

一般的な手筒花火は、竹を切り出して筒にし、そこに火薬を詰めるまでの工程をすべて、打ち上げる本人が受け持つ。点火されると轟音とともに橙色の火柱が上がる。花火師は仁王立ちの状態だ。金色に輝く火の粉が全身に降りかかる。

火柱は大きいもので十数メートルの高さにまでその光を放ち、最後に「はね」と呼ばれる爆発音がして終わりを迎える。

愛知県の三河地方は、家康の出身地ということもあり火薬の規制もゆるやかだったので、町人が競って花火製造に従事した。

徳川家のお膝元ゆえに、花火はさまざまな形に発展していったのである。

2

引用・参考

▼花火 (NHK美の壺)
NHK「美の壺」制作班